• ホーム
  • ヘルペスの感染経路はセックスだけじゃない?

ヘルペスの感染経路はセックスだけじゃない?

2019年10月04日
ウィルス

ヘルペスは、ヘルペスウィルスと呼ぶ細菌が皮膚や粘膜に感染して生じる疾患の総称です。水ぶくれの症状が起きるのが特徴で、唇の周りに水ぶくれが生じるものを口唇、性器やお尻の周りに水ぶくれができるものを性器ヘルペスと呼びます。口唇および性器ヘルペスは単純疱疹に含まれるもので、単純疱疹以外にも帯状疱疹もヘルペスウィルスによる疾患です。ちなみに、帯状疱疹はお腹から背中にかけて水ぶくれの症状が起きるのが特徴で、病気などによる免疫力低下が原因になる、帯状のものだけでなく、水疱瘡のように水ぶくれが全身に生じることがある、などの特徴を持ちます。性器ヘルペスの原因は性的な接触によるもので、性行為によりウィルスが感染するなどの特殊な感染経路を持っています。ただし、性的な接触以外にも意外な感染経路があることを把握しておくことが大切です。たとえば、洋式トイレの便座から感染することもあるので、公衆トイレを使う時などは便座を殺菌することができるグッズを持ち歩くのも予防方法として効果的です。また、家のトイレの場合も家族間で便座から感染することもあるなど、衛生的に保つことが最大の予防方法といっても過言ではありません。性行為による感染経路の場合は、避妊具を使うことなどで予防ができます。独身の時代には多くの異性との性行為を経験される人も多いかと思われますが、パートナーとの性行為を行う時には、コンドームを使うことが大切です。ちなみに、性感染症の中でも多いと言われているのがクラミジアなのですが、性器ヘルペスはクラミジアに続き発症される人が多い性感染症です。日本の中での患者さんの数は不明確ではあるのですが、欧米諸国においては5人に1人、自覚症状がある場合でも性感染症になっていることに気が付かない人も多いようです。なお、ヘルペスは7日から10日で自然治癒すると言われていますが、自然治癒は免疫力によるものですから、免疫力が低下している場合には自然治癒も難しくなります。性器ヘルペスは男性よりも女性の方が多い、若い世代ほどその数は増えると言われていますし、放置すると後遺症が残ることもある、予後が良くないこともあるなど、早目の受診および治療が必要な疾患です。治療を行うと同時に心掛けておきたいことは、疲れやストレスが加わらない生活を心掛ける点です。疲れやストレスは免疫力を低下させることに繋がりますので、栄養と睡眠を充分とることなどが大切です。

関連記事
クラミジアの治療薬は色々あります!

クラミジアは自覚症状がないケースが多いので、そのままにしてしまうケースも多いと言えましょう。おもな感染経路は性行為によるものであり、パートナーとの性行為で感染するわけですから2人でクラミジアの検査を受けておけば予防にも繋がります。検査の結果で陽性の診断が下された時には、治療を行えば良いわけですから安...

2019年09月17日
カンジダに効く薬は通販サイトでも買える!

カンジダに効く薬は病院で処方して貰うのが一番良いのですが、病院の処方薬には錠剤と飲み薬の2種類が用意されています。錠剤は洗浄してから膣の中に入れる使い方で、2~3日で効果が現れて症状が治まります。その際、1週間ほどお薬を使い続ける必要がありますが、度々再発する人、膣内に薬を入れることができない場合は...

2019年08月10日
カンジダの感染経路や治療方法紹介!

カンジダは真菌と呼ぶ微生物のグループに属するもので、カビの仲間です。真菌と聞くと足にできる水虫をイメージする人も多いかと思われますが、これは女性の外陰部にできるものとは種類が異なります。カンジダは常在菌、健康な女性の10人に1人の割合で、皮膚表面や膣の中にカンジダが潜んでいるのです。カビの仲間ですか...

2019年07月26日
梅毒は放置できない!症状や治療薬解説

梅毒が生じる原因は、他の人の粘膜や皮膚との接触によるもの、いわゆる性的な接触により感染するのが特徴です。その主な原因となるのは梅毒トレポネーマと呼ばれている病原菌で、赤い発疹がヤマモモににていることからこのような病名が付いたと言われています。適切な治療方法を行わずに放置してしまうと、10年前後で歩行...

2019年11月21日
ヘルペスウイルスの活動を抑える治療薬がある!

ヘルペスには単純疱疹と帯状疱疹の2種類がありますが、いずれもヘルペスウィルスによるものなどの共通点があります。免疫力が低下している時に発症しやすい病気ですが、水ぶくれが生じるなどの特徴も持ちます。ヘルペスウィルスを撃退するためには自分の免疫力を向上させることが大切ですが、免疫力を向上させると同時に役...

2019年10月24日
クラミジアの感染経路を知って事前に予防する!

クラミジアは知らない間に感染してしまう、性感染症の中では最も多いと言います。近年の報告の中には18歳から19歳の女性の10人に3人がクラミジアに感染している、20代では20人に3人など、年齢が低いほど感染率が高いようです。さらに、女性の感染者の5人に4人は自覚症状がないので、何もせずに放置してしまう...

2019年08月29日