• ホーム
  • クラミジアの感染経路を知って事前に予防する!

クラミジアの感染経路を知って事前に予防する!

2019年08月29日
危険なウィルス

クラミジアは知らない間に感染してしまう、性感染症の中では最も多いと言います。近年の報告の中には18歳から19歳の女性の10人に3人がクラミジアに感染している、20代では20人に3人など、年齢が低いほど感染率が高いようです。さらに、女性の感染者の5人に4人は自覚症状がないので、何もせずに放置してしまうケースが多いと言われているのです。クラミジアの放置は、卵管炎を引き起こしてしまい、不妊症の原因に繋がるなど恐ろしい結果を招いてしまいます。自覚症状があれば治療を受けるなどもできるわけですが、何も症状が起きないのでは対処の仕様もありません。ただし、感染経路や原因を知ることで予防方法を把握することに繋がります。ちなみに、クラミジアは自然治癒することが多い良性病変とも言われているのですが、自然治癒しないケースも少なくありません。特に、ウィルスの型により悪性化する可能性もあるので注意が必要です。クラミジアの感染経路で多いと言われているのは、性行為によるパートナーからの感染です。性行為による器粘膜で感染する、オーラルセックスで口の中にクラミジアの菌が感染する、と言います。また、クラミジアは喉や直腸、尿などにも出るため、口や肛門、尿などを使った性行為は非常にリスクが高くなりますし、感染している人はエイズへの感染率が高くなる、通常の3~4倍にもなると言われており、検査時にはエイズの検査も併用することが推奨されているようです。クラミジアは男性では50~60%、女性では約80%の人が自覚症状を持たないと言います。男性よりも女性の方が感染しても気が付かないわけですから感染経路をしっかりと知ることが事前予防に繋がります。予防方法は性行為をしないこと、などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、定期的な検査を受けておくことが最大の予防方法であり、性行為をする時にはコンドームの着用を行い、性器粘膜の接触を避けるなどが大切です。クラミジアの検査のやり方はいくつかありますが、抗原の検出は即日検査とPCR法と呼ぶ検査法のいずれかで行います。即日検査の場合は、1時間程で感染の有無を確認できますが。この検査法は精度が落ちることなどからもPCR法による検査手法がおすすめです。PCR法は男性は採尿による検査、女性は自己採取も可能な尿分泌物による検査です。検査結果が出るまでの期間は、翌日から翌々日で、検査結果が陽性の時には必ず治療を受けるようにしましょう。

関連記事
クラミジアの治療薬は色々あります!

クラミジアは自覚症状がないケースが多いので、そのままにしてしまうケースも多いと言えましょう。おもな感染経路は性行為によるものであり、パートナーとの性行為で感染するわけですから2人でクラミジアの検査を受けておけば予防にも繋がります。検査の結果で陽性の診断が下された時には、治療を行えば良いわけですから安...

2019年09月17日
カンジダに効く薬は通販サイトでも買える!

カンジダに効く薬は病院で処方して貰うのが一番良いのですが、病院の処方薬には錠剤と飲み薬の2種類が用意されています。錠剤は洗浄してから膣の中に入れる使い方で、2~3日で効果が現れて症状が治まります。その際、1週間ほどお薬を使い続ける必要がありますが、度々再発する人、膣内に薬を入れることができない場合は...

2019年08月10日
カンジダの感染経路や治療方法紹介!

カンジダは真菌と呼ぶ微生物のグループに属するもので、カビの仲間です。真菌と聞くと足にできる水虫をイメージする人も多いかと思われますが、これは女性の外陰部にできるものとは種類が異なります。カンジダは常在菌、健康な女性の10人に1人の割合で、皮膚表面や膣の中にカンジダが潜んでいるのです。カビの仲間ですか...

2019年07月26日
ヘルペスの感染経路はセックスだけじゃない?

ヘルペスは、ヘルペスウィルスと呼ぶ細菌が皮膚や粘膜に感染して生じる疾患の総称です。水ぶくれの症状が起きるのが特徴で、唇の周りに水ぶくれが生じるものを口唇、性器やお尻の周りに水ぶくれができるものを性器ヘルペスと呼びます。口唇および性器ヘルペスは単純疱疹に含まれるもので、単純疱疹以外にも帯状疱疹もヘルペ...

2019年10月04日